新潟手の外科研究所病院 tel:0254-27-0003

基本理念

  1. 患者さんに誠実で信頼される医療を提供します。
  2. 職員が健康で向上心を持ち、患者さんの医療安全に気を配る業務環境を整えます。
  3. 教育、研究を積極的に行い将来の医療に貢献できる人材を育成します。

患者さんの権利、義務・他

患者さんの権利

  • 患者さん並びにご家族は、患者さんの病状、医療の内容につき十分な説明を受けることができます。
    その上で患者さんが希望する最適な治療を選択できます。
  • 患者さんは安全で快適な療養環境の提供を受けることができます。
    患者さん並びにご家族は希望、意見を述べることができ、意見は尊重される権利があります。
  • 患者さんの個人情報は守られ、個人として尊ばれる権利があります。
    国籍、信条、宗教、社会的身分、経済状況などによる差別を受けることはありません。

患者さんの義務

  • 病院の規則に従って入院生活をおくる義務があります。
  • 医療費支払いの義務があります。
  • 診療協力、情報提供の義務があります。
  • 病院職員、他の入院患者さんに対するパワーハラスメント、セクシャルハラスメントを行ってはいけません。

※上記を守れない患者さんに対しては院長指示で退院していただくこともあります。

個人情報の取り扱いについて

当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取り扱いには万全の体制で取り組んでいます。 なお、疑問がございましたら受付窓口にお問い合わせください。

新潟手の外科研究所病院 院長

  • 当院における患者さんの個人情報の利用目的
  • 患者さんの個人情報は本来の利用目的以外に使用しません。 ただし個人名を特定されないかたちで、病院運営、教育、研修、行政命令の遵守、他医療機関との連携、外部機関による病院評価、学会や出版物で利用する場合があります。

    1. 院内での利用
      • 患者さんに提供する医療サービス
      • 入退院等の病棟管理
      • 会計・経理
      • 医療事故等の報告
      • 患者さんへの医療サービスの向上
      • 院内医療実習への協力
      • 医療の質の向上を目的とした院内症例研究
      • その他、患者さんに係る管理運営業務
    2. 院外への情報提供としての利用
      • 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
      • 他の医療機関からの照会への回答
      • 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見、助言を求める場合
      • 検体検査業務等の委託
      • ご家族等への病状説明
      • 審査支払機関へのレセプトの提出
      • 審査支払機関又は保険者への照会
      • 審査支払機関または保険者からの照会への回答
      • 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談又は届出等
      • その他、患者さんの医療保険等に関する利用
    3. その他の利用
      • 症例の学会報告、出版物等に関する利用
      • 医療、介護サービスや業務の維持、改善のための基礎資料
      • 外部監査機関への情報提供
  • 上記のうち、他の医療機関への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を受付窓口へお申し出ください。
  • お申し出のないものについては同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

理事長あいさつ

令和3年 新年を迎えてご挨拶

 昨年は新型コロナウイルス感染症の全世界への蔓延で、人類の営みが大きく阻害され、 人々の生活も変わらざるを得ない状況が現在も続いています。このコロナ下で私たちが学んだことは、正しい情報を得て、 自分が感染しないために、又は自分が知らぬうちに他人にウイルスをうつさないために、慎重に判断し、 自分の行動を制御することが重要であるということです。しかし現時点では完璧な制御方法はないので、 どんなに注意していても運が悪ければどこかで感染をかぶる危険性があります。 有効なワクチンが広範囲に提供され、感染が抑え込まれる状態になるまでまだ数年はかかると思われます。

 私たちの病院も昨年は国内で感染が広がり始めた4月ころからは患者さんの受診控えのためか外来の受診者が減り、 手術の件数も1~2割減りました。 昨年秋には外来受診者数の1日平均はほぼ平年並みに戻りましたが、手術件数は1割減の状態が続いています。

 また県外からの患者さん、特に感染が拡大している地域からの患者さんには緊急性がない場合は残念ながら受診をおことわりしています。 県内在住の方でも2週間以内に感染拡大地域に行った方は、院内には入らず車で待機していただき、 一般外来から離れた場所で診察を行い、さらに来院時に発熱がある方は診察をお断りする場合もあります。 入院患者さんとの面会も制限しており、 これら病院の対応に不快感を持つ方もおられると思いますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

 昨年4月には院長の坪川が主催する第63回日本手外科学会の学術集会が朱鷺メッセで開催される予定でしたが、 コロナのため残念ながらオンラインでの学会に変更せざるを得ませんでした。 しかし多くの方々にオンライン参加していただき感謝しております。

 昨年7月に予定していた新潟手の外科セミナーは中止しました。今年度も手の外科セミナーは7月に開催する予定にしておりますが、 感染状況を見て3月下旬ころに開催するか中止するか判断したいと考えています。

 今年1年も重苦しいものになりそうですが、職員一同最善を尽くして進む所存です。 変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

令和3年1月吉日
新潟手の外科研究所理事長
牧  裕