新潟手の外科研究所病院 tel:0254-27-0003

看護部

看護部理念

私たち看護職員は、新潟手の外科研究所病院の理念・方針に則り個々の役割と責任を果たし、患者さんのQOL向上を目指した質の高い看護を提供します。

看護部基本方針

  • 手の外科専門病院としての特性を生かし、高い専門性と技術による、安全で質の高い看護実践を提供する
  • 患者の目線に立ち、患者の権利を尊重し、患者のQOLの向上を目指した看護サービスを提供する
  • 感性豊かな教養と高い倫理観を身につけ、心豊かな人間性と柔軟な思考力を養う
  • 医療チームの一員として他職種との連携を図り、継続した看護サービスを提供する
  • 看護職員相互のコミュニケーションを図り、個々の能力を最大限発揮し伸ばす職場環境をつくる

看護体制

一般病棟50床  10:1入院基本料

二交代制

病棟は早番、手術室は遅番・オンコール体制で患者さんに看護提供をしています。

看護部長からのメッセージ―当院へ就職をお考えの方へ―
看護部長

 当院は、整形外科分野でも上肢に特化した「手外科」の専門病院です。病床は50床と小さな病院ですが、手術件数は毎年3000件近く行い、救急患者さんも積極的に受け入れています。

 看護部の教育は経年別に目標を掲げ院内研修を実施、院外研修にも積極的に参加しています。また「ナーシングスキル日本版」を導入し、e‐ラーニングでの学習環境を整え看護のスキルアップを目指していきます。

 手外科専門病院とは言え看護の基本は同じです。「気づき」を大切にし、自身の看護師としての可能性を広げてみませんか?いつでも病院見学にお越しください。お待ちしています。

看護部長 田中 絵理子

看護部各種委員会

看護会議
主任会議
教育委員会
記録委員会
看護必要度委員会
安全対策委員会
感染対策委員会
業務委員会

看護部教育と支援体制

看護部教育理念

専門職業人として自律し、高い専門性と確かな技術で信頼される看護サービスが提供できる看護職員を育成します

教育目標
  • 1.専門職として必要な知識・技術の向上に努め、質の高い看護実践ができる。
  • 2.社会人、医療人としてのコミュニケーション能力を身につけ、誠実な態度で関わり、患者・家族、医療・看護チーム内の信頼関係を築き、調整できる。
  • 3.院内・外の学習資源を活用し、主体的に学びを深めることができる。
  • 看護部 卒後1年目 年間教育計画
  • 看護部 経年別教育目標
支援体制

日本看護協会主催研修
県看護協会主催研修 平成27年度参加実績  
その他各種研修
プリセプター制度/新人チェックリスト配布/看護技術 救急法/医療安全/感染対策/接遇研修/褥瘡対策/看護過程/転倒転落

新人研修

看護部 看護部 看護部 看護部 看護部 看護部

病棟部門

4月から病棟に配属され、もうすぐ3か月が経ちます。まだわからないことだらけで、不安も多いですが、プリセプターや先輩方が丁寧に教えて下さり、1人でもできることが少しずつ増え自信に繋がっています。患者さんやご家族から信頼される看護師になれるよう1日1日を大切に技術や知識を身に付けていきたいです。

看護部 看護部
<病棟師長よりコメント>

入院された患者さんから「大変親切にしていただきました」と嬉しいお褒めの言葉を頂きました。 その言葉に恥じないように明るく親切な対応を心掛けております。新人さんも入り、フレッシュさも増し、更に患者さんの思いに寄り添える病棟を目指して参ります。 不安なことなどありましたら、いつでも気軽にお声掛けください。

外来・救急外来部門

看護部
<外来師長よりコメント>

私たち外来看護師は、病棟や手術室と連携を取り患者さんの「不安を安心」に変えられるよう、笑顔・丁寧・親切を合言葉に、一人一人の患者さんに合わせたサポートを行っています。

外来にお越しの方へ
外来にお越しの方へ

正面玄関に車椅子を準備しておりますので、ご利用下さい。

介助の必要な患者さまは、遠慮なく近くの職員に声を掛けてください。

乳幼児をお連れの方へ
乳幼児をお連れの方へ

待合室のエレベーター脇に授乳室とオムツ交換用のベットを用意しておりますので、ご自由にお使いください。

救急受診
救急受診

救急外来受診の際は、必ず事前に電話にてお問い合わせ下さい!

なお、当院の救急外来は、緊急入院・手術等が必要で重症度の高い患者さまを対象としているため、日中から症状のある患者さまへは通常の外来受診をお勧めいたしますので、ご了承下さい。

手術部門

学校や実習で学んだことと異なる部分が多々あり、最初はとても不安でした。しかし、プリセプターだけではなく手術室全体でサポートが受けられるため、質問しやすく、今では安心して働く事ができます。 少しでも早く覚えられるよう、日々精進していきたいです。

入職当時は手術室の業務に戸惑いや不安もありましたが、プリセプターを始め先輩方に支えられ少しずつできることが増えました。 一つ一つ丁寧に個々のペースに合わせて指導してくれるおかげで充実した日々を送っています。 今後も目標とする先輩たちに近づけるよう、向上心を持って頑張っていきたいです。

  • O : Objective 目的・目標
  • P : Pleasure 喜び・満足感
  • E : Expert エキスパート
看護部手術部門 看護部手術部門 看護部手術部門 看護部手術部門
<手術室師長よりコメント>

当院は50床と小さな病院ですが、外来手術を含め年間3000件近い手術を行っています。 忙しい職場ですが、私たちは患者さんの不安安な気持ちに寄り添い、安心して手術を受けやりの気持ち」を心掛けています。 そして、目標と喜びを忘れず、エキスパートを目指しして頑張っています。