新潟手の外科研究所病院 tel:0254-27-0003

基本理念

  1. 患者さんに誠実で信頼される医療を提供します。
  2. 職員が健康で向上心を持ち、患者さんの医療安全に気を配る業務環境を整えます。
  3. 教育、研究を積極的に行い将来の医療に貢献できる人材を育成します。

患者さんの権利、義務・他

患者さんの権利

  • 患者さん並びにご家族は、患者さんの病状、医療の内容につき十分な説明を受けることができます。
    その上で患者さんが希望する最適な治療を選択できます。
  • 患者さんは安全で快適な療養環境の提供を受けることができます。
    患者さん並びにご家族は希望、意見を述べることができ、意見は尊重される権利があります。
  • 患者さんの個人情報は守られ、個人として尊ばれる権利があります。
    国籍、信条、宗教、社会的身分、経済状況などによる差別を受けることはありません。

患者さんの義務

  • 病院の規則に従って入院生活をおくる義務があります。
  • 医療費支払いの義務があります。
  • 診療協力、情報提供の義務があります。
  • 病院職員、他の入院患者さんに対するパワーハラスメント、セクシャルハラスメントを行ってはいけません。

※上記を守れない患者さんに対しては院長指示で退院していただくこともあります。

個人情報の取り扱いについて

当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取り扱いには万全の体制で取り組んでいます。 なお、疑問がございましたら受付窓口にお問い合わせください。

新潟手の外科研究所病院 院長

  • 当院における患者さんの個人情報の利用目的
  • 患者さんの個人情報は本来の利用目的以外に使用しません。 ただし個人名を特定されないかたちで、病院運営、教育、研修、行政命令の遵守、他医療機関との連携、外部機関による病院評価、学会や出版物で利用する場合があります。

    1. 院内での利用
      • 患者さんに提供する医療サービス
      • 入退院等の病棟管理
      • 会計・経理
      • 医療事故等の報告
      • 患者さんへの医療サービスの向上
      • 院内医療実習への協力
      • 医療の質の向上を目的とした院内症例研究
      • その他、患者さんに係る管理運営業務
    2. 院外への情報提供としての利用
      • 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
      • 他の医療機関からの照会への回答
      • 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見、助言を求める場合
      • 検体検査業務等の委託
      • ご家族等への病状説明
      • 審査支払機関へのレセプトの提出
      • 審査支払機関又は保険者への照会
      • 審査支払機関または保険者からの照会への回答
      • 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談又は届出等
      • その他、患者さんの医療保険等に関する利用
    3. その他の利用
      • 症例の学会報告、出版物等に関する利用
      • 医療、介護サービスや業務の維持、改善のための基礎資料
      • 外部監査機関への情報提供
  • 上記のうち、他の医療機関への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を受付窓口へお申し出ください。
  • お申し出のないものについては同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

理事長あいさつ

令和4年 新年を迎えてご挨拶

 昨年も新型コロナウイルス感染症はワクチン接種が進んでも世界中でくすぶり続け、 東京オリンピックも開催はしたものの、無観客という異例なものでした。 国内の夏の第5波パンデミックはデルタ株により感染者数増加に医療が全く追い付けない状況まで来ましたが、 ワクチン接種が国内でも進んだせいもあってか11月には沈静化しました。 しかし12月に入りオミクロン株という新たな変異株が世界で流行し始め、一旦緩めた防疫体制を急遽引き締めざるを得なくなりました。 当院も一旦緩めた感染対策を元に戻しました。

 昨年の当院の業績は、コロナ下にもかかわらず一昨年と比較し、 外来患者数も手術件数もほぼコロナ前の状態に戻ってきました。

 1月には3回目のワクチン接種を職員に行いますが、新たな変異株にも有効であることを祈るばかりです。

 当院でも引き続きコロナ対応を慎重に行う必要があると考えております。このため外来受診時の検温やワクチン接種の確認など、 お手間を取らせることもあるかと思いますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 また入院患者の面会も特別な場合を除き制限を継続します。

 今年は2年続けて中止した新潟手の外科セミナーを、コロナの感染状況にもよりますが、 できるだけ開催したいと考えており、対面がだめな場合はオンラインで行う可能性も考えています。

 今年1年もコロナに注意を払いながら、職員一同診療に最善を尽くしていきます。変わらぬご支援をお願いいたします。

令和4年1月吉日
新潟手の外科研究所 理事長
牧  裕